血液サラサラサプリランキング!これがおすすめ

漢方で血液サラサラ

 

血液をサラサラにする方法は常にどこかのメディアでクローズアップされるようになっていますが、その方法の一つとして良く登場しているのが漢方です。

 

漢方では西洋医学とは違って、時間をかけて体質を改善しますから、生活習慣や体質から来る病気の改善に関してより効果的で、血液がドロドロでつまりやすい、粘度が高い場合の改善にも効果的と言われています。

 

漢方においては、ドロドロ血液のことはお血(おけつ)と呼びます。これは、体の中の血液の流れが悪くなっている状態を言い、これによって血液が抹消にしっかり流れなかったり、血栓が作られてしまって生活習慣病などの原因になります。

 

生活習慣病という言葉ができたのは比較的最近のことですが、お血についてははるかに昔から考えれていたのです。このお血を直すためには、食事のバランスに注意したり、運動習慣をつけたり、ストレスを溜め込まないように気をつけるなどが必要ですが、漢方はこうした習慣の効果を高め、体質そのものを改善していきます。

 

漢方薬にはいろんな種類があるものですが、血液サラサラ効果が期待できるタイプのものは、血管を拡張するものや、血栓ができにくくするようなもの、血液の粘度を低くするようなものが使われます。

 

漢方薬は効果がおだやかで副作用の心配が少なく、また体質によって調合する原料(生薬)を変えたり割合を調整できるのがメリットですから、いろんな体質の方でも利用することができます。デメリットは即効性が無いために長期間の利用が基本的に必要なことです。

 

血液サラサラを目指して体質改善に取り組みたいという人は、お近くの漢方医に相談してみるとより効果が大きくなるのではないでしょうか。

 

血液サラサラには有酸素運動

 

血液サラサラは今の健康を語る上では欠かせないキーワードとなっていますが、この血液サラサラを作るためには食生活だけでなく、幅広い生活習慣の改善が大切だと考えられています。

 

そのひとつが運動習慣で、効果的な運動は血管を拡張し、そして血中の糖分や脂肪分をエネルギーとして消費させるので、血液がドロドロになってしまうのを防いでくれます。ダイエットにも健康にも効果的です。

 

その中でもオススメしたいのが、ウォーキングです。特に、温水プールでの水中ウォーキングは負荷も大きいので運動効果が大きく、一方で骨や関節への負荷は陸上に比べて小さいのでオススメです。冷水プールは体を冷やし、血行を阻害するリスクがあるのであまりいいとは言えません。

 

他にもサイクリングやジョギング、エアロビクスやヨガなども効果的ですが、これらに共通しているのは、全身を使う有酸素運動であるということ。有酸素運動といえば代名詞はマラソンなのですが、さすがにそれはハードすぎますよね。一般の人が行うには、あまりハードなものは継続できないのでむいていません。

 

それほど厳しくなくとも全身を動かすことができる有酸素運動は血管を自然に拡張させるために、血行を改善する効果が高いのです。逆に無酸素運動は、瞬発力を出す際に血圧を上昇させてしまい、運動の負荷によるストレスから血管が収縮しやすく、あまりいいとは言えないそうです。

 

その他、勝ち負けを競ったり、団体競技であるような場合には別の精神的なストレスから血管が収縮したりして血行が悪くなる場合もあるそうです。ですから、基本的には個人でも楽しむことができる楽な運動を続けることが血液サラサラには大切なのです。

 

 

血液をサラサラにする薬

 

血液をサラサラにするために重要なことには、生活習慣の改善や食習慣の改善が挙げられます。血液がドロドロのままでは、心臓や血管に関する病気が起こりやすくなり、命の危険にまで及ぶことがあるからです。

 

もしもこうした重い病気を起こしそうな場合には、医師から薬を処方されるケースもありますが、大きく分けて「抗血小板薬」「抗凝固薬」の二種類があります。

 

血液中に存在し、出血時に凝固してかさぶたを作ってくれる働きをするのが血小板ですが、この血小板の働きが過度に活発になると、血管内で血液が固まってしまうために、血液の粘度が高くなってしまいます。こうした状態を解消するために使われている薬が「抗血小板薬」で、血小板の働きを抑制する効果があります。

 

アスピリンなどが有名です。アスピリンは比較的副作用が出にくいとして利用されることが多い薬ですが、場合によっては喘息を起こすとも言われており、また以下潰瘍を悪化させる危険性が指摘されています。もしも持病がある場合は必ず告げて、医師の判断を仰いでください。

 

もう一方の「抗凝固薬」は、血液を固める成分であるビタミンKの働きを抑制する薬です。血液中のビタミンK依存性凝固因子という成分が過度に増えることによって血液がドロドロになってしまうので、この成分の働きを抑制することで血液をサラサラにします。

 

血液が固まるのを止めることになるので、出血時に止まりにくくなるという弊害がありますから、服用時には注意が必要です。また、医師からアドバイスもいくつかもらえると思いますので、遵守しつつ、用法用量を守るようにしましょう。こんなものもあります>>>血液サラサラになるサプリメント

 

 

冷えと血液サラサラの関係

 

辛い冷え性で悩む女性は少なくありませんが、この冷えに血液の状態が関わっているところまでなかなか考えないことが多いです。実は冷えの原因のひとつにドロドロ血液があることがわかっていて、血液サラサラになることによって冷えの改善が見られるというのです。

 

冷えてむくみやすいという人の多くは、血液がドロドロになっている事で、血流が悪く、それによって内蔵機能の低下や、水分代謝の不調が起こっています。それによって体に熱が行き渡りにくく、特に末端部には暖かい血液が届かなくなっていることが多いです。

 

こうした状態を改善するには、血液サラサラにするための食品を生活の中でしっかり摂取し、それと同時に運動などの習慣によって血管を拡張して血液が流れやすい状態を作ることが大切です。

 

血液サラサラにする食品として有名なのは、ポリフェノールやクエン酸、アリシンなどを含む食材です。ポリフェノールは、お茶やワイン、コーヒー、チョコレートなどに多く含まれているもので、クエン酸はかんきつ類や酢などすっぱい食品に多く含まれています。また、アリシンというのはネギに多く含まれている成分です。

 

これらは血液サラサラ効果が高く、年間を通して日常的に摂取することができる食品ですから、不足することがないように毎日摂取することを心がけましょう。逆に不足している食生活であれば、ドロドロ血液になっていることも多いので、注意してくださいね。冷えの改善は血液状態の改善から。ちょっと回り道のようですが、続けるほどに効果が見えますよ。